ロゴ
LINE友だち追加 東大阪大学公式サイト

が見つかる大学
になれる大学

BECOME THE PERSON YOU WANT TO BE.

毎日が充実している!忙しい!だから楽しい!
そんな学生生活を送る先輩たちと、それを「支える」「見守る」先生方へのリアルなインタビュー

VOICE

なりたい自分を見つけた先輩たち、
免許、資格を取得した先輩たちのリアルな声を読んでみる

PICK UP

人生で一番勉強してる!忙しい(笑)だから楽しい!
学問と実践の毎日で充実した声

実践保育学科 | 有山 泰登

東大阪大学を選んだ理由は、将来子どもと関わる仕事に就きたいと考え、そのことを一番学べる学校だと思ったからです。子ども...

実践保育学科 | 山﨑 ももえ

中学2年生のとき、体験授業で保育園に行かせてもらう機会がありました。そこに1週間行かせてもらい、子どもと接して一人ひ...

実践食物学科 | 屋島 咲希

小さいころから食べることが大好きでした。小学生のときからお手伝いや自分でご飯を作る機会が増え、家族に美味しいと言って...

INTERVIEW

インタビュー記事をもっと読む

実践食物学科 | 柴村 瞳

将来、中学校の家庭科の先生になるのが夢でした。その夢をこの学校だったら叶えられると思ったからです。高校3年生のときに...

国際教養こども学科 | 𠮷川 太陽

高校の野球部の監督と、東大阪大学の監督が知り合いでした。その関係から「東大阪大学で硬式野球部を立ち上げるので、選手を...

国際教養こども学科 | 小椋 幸香

進学を考えたころ、医療秘書、病院の受付、看護師といった仕事に興味があったので、分野の異なる5校のオープンキャンパスに...

こども学科 | 増田 航大

私が東大阪大学を選んだ理由は2つあります。1つ目は、子どもと関わることが好きで、子どもについての勉強をしたかったから...

こども学科 | 高崎 華香

中学生のときに職場体験があり、保育所に行かせてもらいました。私は小さいころから幼稚園が好きだったこともあり、職場体験...

介護福祉学科 | 岡 円来

高校2年生のとき、医療コースで学んでいて、体験授業で介護施設(特別養護老人ホーム)に行く機会がありました。利用者の方...

INTERVIEW

「実践力を身につけて卒業してほしい!」
一人ひとりの学生にしっかりと寄り添う先生方の声

実践食物学科

製菓衛生師コースは「製菓」と表現されていますが、洋菓子だけではなく製パン、和菓子、調理、それ以外にラッピング、リボン...

実践食物学科

実践食物学科には「栄養士コース」と「製菓衛生師コース」の2コースがあり、両コースの特徴を共有することができます。栄養...

こども学科

子ども一人ひとりには違いがあり、固有の存在であります。それを重要視する「こども学」では、「いのちを見つめるやさしさ」...

国際教養こども学科

マーケティング分野の中でも、とくに未来社会の学問といわれている「ソーシャルマーケティング」について研究しています。ソ...

介護福祉学科

介護に関しては比較的新しい実践的な学問分野で、以前は個人の経験に基づく介護(感覚的介護)が行われていました。それが、...

実践保育学科

子どもの保健という授業を担当しており、前期は体の仕組みや成長速度などの子どもの特徴を学び、後期は病気や怪我をした時に...

NEWS

新着情報